シェルティの魅力に取り付かれてから ○○年(年齢がわかっちゃうので言えません)
子供の時から名犬ラッシーを見て育ち、いつかはラッシーみたいな犬が飼いたいと思い続け高校に入って自分で面倒見るからとの約束で飼った お世辞にもいい犬とは言えなかった大きなシェルティーから始まって 今にいたるまで1度も私の期待にはずれることなく シェルティー一筋にきました。
考えてみるとそのラッシーにあこがれて(今もラッシーは私の永遠のあこがれです)飼いはじめた最初のシェルティーは 今までのどの子よりも利口で性格も穏やかで こんなにシェルティーにのめりこんだきっかけになった犬でした。
その当時近所のシェルティーのブリーダーさんとその子を通じて親しくなり そこからショードッグを譲ってもらい ショーの世界へ。
その2頭目の子はショーに出し初めてから 破竹の勢いで出せば必ず入賞しあっという間にグランドチャンピオン(その当時はJKCにありました)までになり、最後のショーではベスト イン ショーを獲得し もうすっかりショーの世界にも夢中になってしまいました。 
 根が凝り性のため どうせやるなら日本1をめざそう と繁殖にショーにと頑張ってきました。
 始めた頃のシェルティーにくらべ熱心なブリーダーによって美しく改良され アメリカの犬にはるか劣っていた日本のシェルティーもレベルは引けを取らないぐらい進歩しました。
 日に日に進化し続けるシェルティーとともによりハイレベルの犬を目指して まだまだ勉強の毎日です。 
Message