藤棚の上は?
 ちの犬の運動場の上は日よけの為の藤棚になっています
5平方メートルの面積に植えた頃はまだ日陰など出来ないぐらい頼りないものでしたが 今は立派に大きくなって心地よい日陰を作ってくれています。
 その棚に毎年キジバトが巣を作って棚はしばしば子ばとのゆりかごになります。
今年は早くも2家族が子育てをして無事巣立ちました。
親鳩は巣作りから2羽で協力し合いながら子育てをしています。
本当に簡単な「えっこれで完成?」というようなざるのようにすかすかの巣をつくり 卵をうむと交代で暖めます。 交代の時間が来ると「ぽぽーぽぽー」と相手に合図を送り 相手は遠くから「ぽぽーぽぽー」と返ししばらくすると ばさばさっとやってきて「よっこらしょ」と言う具合に交代します。
 卵がかえっても産毛が生えてくるまでひたすらひなを暖めます。
ある程度しっかりしてくると 今度はえさをあたえはじめこれも親2羽が交代で面倒を見ています。
 ひなは通常2羽で えさの時間のほかはじっと待っています。
雨が降る日は親が帰ってきてひなをお腹にかくして雨がかからないようにしてやっています。
 ひなの成長は驚くほど早く孵化から2週間ぐらいで巣立つようです。
ひなが羽をばたばたし始めたら2・3日で巣立ちです
 巣立った後もまだよく飛べないので安全な我が家の庭の木の根元あたりで隠れてすごし 親はせっせとえさをやりにもどってきます。
巣立ったころは体の羽はいっちょまえなのですが頭がまだしっかり毛がはえていないのが
みるみる親と同じ形のミニサイズと言う感じになり 最後にしっぽが伸びれば完成です
 親にえさをねだる姿もかわいらしく   2羽でくっついて親がくるのをひたすら待っている姿もほほえましく えさの時間になると親が帰ってきて「ぽぽーぽぽー」 すると大きくなったひなが」「ぴぴぴぴ」と返事して茂みから親の元に駆け寄ってえさをねだります。
 いつも無事育つとも限らず なんか静かだなと巣を見てみると2羽とも死んでいたり 巣立って飛び立った瞬間そのままカラスに襲われたり 野生は時として残酷な事もあります。
それから迷惑だなと思うことはふん。

犬達のサークルの中にべたべた落とすのでダンボール箱をおいておくのですが「その中にやって」とハトに言ってみてもむりな話 大抵はみだして回りをよごされるのが悩みの種。
 ハトの繁殖期は春とは決まっていないのでこれからまた藤棚をキジバト親子にお貸しするかもしれません。

すっかり大きく成長してまもなく巣立ちです。