2010年11月
10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30


Diary
november



部会スナップ



ラーナ



レイ君



エラン君



レオ君



スワン



ニーナちゃん



セーラ



BISS戦


photo unrinさん itohさん











11月28日(日)


JKCシェルティー部会展

「彼女の笑顔に心うばわれた」 
ジャッジのジョセフ モーリーさんはセーラにそう
言ってくださいました

けっしてずっと順調に来たわけではなかったセーラ
苦しい時期 どうしたら明るい表情や気合あふれる
走りをしてくれるか悩み どんなに心を砕いてきた
でしょう

ベストイン戦で最後のラウンドを終えたセーラはハ
ンドラーのAIKOさんににっこり微笑みかけました
苦しい時期を克服して来た彼女が見せた心からあふ
れ出た笑みでした









今日はJKCシェルティー部会展です。年々我が家から
参加が増え今回は過去最高の9頭の出陳となりました
ベビークラスのラーナ ジュニアオスのレイ君 ヤン
グアダルト牡クラスのレオ君 アダルトクラスのエラ
ン君チャンピオン牡クラスのミラン君 アダルト牝の
うめちゃん 自家繁アダルトのスワン チャンピオン
クラスのセーラとニーナちゃん 楽しみにしていたの
に午前中用事ができ牡クラスまで全くみられません
でした 
ベビークラスのラーナはニーナちゃんのママにハンド
リングをお願いしたのですが会場に向かう車の中で
ベビーベストインショーをいただいたと連絡がありま
した ラーナちゃんショー会場も初めてなのに出来す
ぎです リンク内でお粗相をしたとか 
お見苦しい点お詫び申し上げます
nishimotoさんありがとうございました
エラン君はリザーブウイナーをいただいたと ウメち
ゃんのママから次々ご報告 ようやく会場に着き牡の
チャンピオンクラスのミラン君から応援できました
そういえば去年の神奈川の単独も途中で駆けつけたっ
け  いつもいつも慌しい
6月にお産したスワンはパピーの時に出たっきり3年
ぶりでしたが落ち着いていたのでほっとしました
グルーミングするようなコートもなくパウダーをちょ
こっと入れスプレーをぷっぷっとかけた程度でリンク
入り 9頭のクラスでファーストからウイナーまでい
ただいて「ビューティフル」とお褒めいただきました
(飼い主にも言ってもらいたいなあ)
今日はスワンとエラン君 親子で嬉しい受賞となりま
した
最後の牝チャンピオンクラス 15頭 2組に分けセ
ーラはまずファーストカットに残り ウイナーのスワ
ンが加わりいよいよクイン決定です 息を呑むような
静けさの中ジャッジの手からセーラにリボンが渡され
ました
最後のキングとのBISS戦で セーラは最後のラウン
ドをハンドラーさんのはるか前を力強いフットワーク
で走り ベストインショーをいただきました

周りのみなさんに支えられ励まされ今日があります
決して一人では取り得なかった大きな大きな賞をい
ただきました
セーラを最高の状態に仕上げていただいたハンドラ
ーのAIKOさん サポートしてくださったみなさん
ありがとうございました
沢山の方々に暖かい拍手やお祝いの言葉をかけてい
ただき本当にありがとうございました
応援に来てくださったfamilyのみまさんありがと
うございました



セーラ BISS




スワン ウイナースビッチ

↑  photo unrin
さん



ラーナ ベビー
BISS


photo ito
さん



ps レオ君のママが先日行った明治神宮の有名なパワ
ースポット「清正の井戸」
の写真を送ってくださいま
した いい事があるそうで借りれるものは神様のお
力もお借りしたい私は早速プリントアウトして持っ
て行きました そのお陰かな
でもこれって1回限りなのかなあ













11月16日(火)

今日は慢性気管支炎のピアノの大学病院診察日 
ここのところいただいていた気管支拡張薬や漢方薬
に体調を崩し下痢をしたり発熱したりであげられな
くなりステロイドだけになっていました。それも今
日の血液検査で肝臓の数値が上がってしまいステロ
イドも使えなくなってしまいました。
先生のお勧めで飲み薬をすべてやめ人間の喘息患者
さんが使うステロイドの吸入に切り替える事になり
ました。
犬は自分から吸ってくれないので鼻をロート状の部
分に入れ先端の薬をプシュッと押して30秒ぐらい
吸わせるのです
これから年を取るにつれ体の抵抗力が落ちると症状
が進み咳が止まらなくなる事もあるかもと相談をし
たら酸素室のリースもあるそうでその時に慌てない
よう心の準備だけはしておかないと



プラスティックのおもちゃみたいに見える吸入器 1万円もするのです









11月12日(金)

今日は動物取り扱い業の講習会 毎回とてもよい
お話が聞けるので今回も楽しみにしていました。
ああそれなのにここのところウインディーの病院
通いで疲れが溜まって途中コックリさんになって
しまいました。 
今回の大学の先生のお話は感染症のお話 狂犬病
にかかった人の実際の映像を見せられました
いろいろな症状を発症しながら最後は亡くなると
ころまでのショッキングな映像に強い衝撃を受け
ました。よく知っているつもりだった狂犬病がこ
んなに恐ろしい病気だと認識を新たにしました。
また鳥インフルエンザがどのように新型インフル
エンザに変化するのかとか今年猛威を振るった口
蹄疫など興味深くまた感染症がより身近に感じ気
をつけていかな
ければならないと思いながら聴い
ていました
今回も有意義な講習であっという間の4時間でした













11月9日(火)

今朝もウインディーを送り届け 昼おしっこに出す
為病院に行きました いつも元気よく外に出るのに
今日はとぼとぼ歩いていました 
血液検査の結果は前回と変わらずだそうでがっかり
相変わらずALKPとリパーゼが計測不能 慢性化し
ているのではないかとの先生の診断でした。
今までの膵炎の患者犬は3・4日の絶食で数値が元
に戻ってくるのだそうでウインディーは症状がひど
かった事もあって長期戦になりそうだとおっしゃい
ました。
あとの数値はほぼ正常値に戻りおしっこも貧血も異
常なし 体重が1キロ減って 血液検査上も栄養状
態が落ちてきているので絶食も限界にきている 今
日から少し食事をあげてみましょうと言ってくださ
いました 
ウインディーは消化器サポートのフードをほんの少
し食器に入れてもらいカリカリといい音をさせなが
ら一揆に平らげました。これで吐かなければ食事を
少しづつ増やしていき 明日からは点滴をやめ飲み
薬中心での治療に切り替えると言う事になりました
飼い主として食事をあげられる事は何より嬉しい事
ですね とりあえずよかった












11月8日(月)

ハイジの子チェリーちゃんのママからブログを作
ったとお知らせいただいてから随分日が経ってし
まいました
「千葉わん」と言う団体のお手伝いをされています
「千葉わん」は殺処分される犬達を引き取り里親さ
んをみつけてお渡しするボランティア団体です
自分自身あまり知識がなかったのですがこういう
団体が横浜市にもあったように記憶しています
活動を知っていくにつれて今でも処分される犬達
の多さに愕然とさせられました
みんな助けてあげたいと思うのに自分は一時預か
りのお手伝いさえできない・・
せめてHPでこのような不幸な犬達が沢山いると言
う事をご紹介し1頭でも助けられる役に立てばと
思いました
それにしても迷子ならいざしらず ブリーダーや
自宅で望まない子犬が生まれてしまって持ち込む
ケースが多く驚かされます
繁殖業者の営利目的の無責任な犬の飼育に 同じ
ブリーダーと言われる事に腹立たしさを感じます
我が家で生まれる幸せな子犬達と対照的な犬達
 どうか幸せをつかんでほしい


http://centrerep.exblog.jp/
千葉わんさんがボランティアで入っている千葉動物愛護センタ
ーのレポート 

http://animal-note.cool.ne.jp/menu_index.html
千葉わんさんのHP


お迎えがなければ5日目には処分されるのです


同時にLINKのページにチェリーちゃん・クッキ
ーちゃん チップ&デール君・ジュノちゃんのブ
ログをUPしました











11月5日(金)

種から育てたビオラが咲き始め 他の花を買って
来て一緒に植え込みしてみました 
う〜んかわいい
まだまだ小さいのでお花屋さんのビオラには負け
ますがこれから大きくなるんです
毎年パンジーを作っていたのですが去年からビオ
ラにしたら見事に失敗 今年もいっぱい種を巻い
てやってみたのですが移植するとしおれて全滅
近所のお花の先生に見せて相談したらビオラはパ
ンジーより小さいから更に難しいとの事 苗床か
ら移植するのが早すぎたのが原因 それではとす
ぐまた一袋巻いて今度はじっくり苗床で育ててか
ら移植 今度は大成功 花は犬より難しい
ウインディーは今日で絶食1週間 まだまだご飯
はもらえそうにありません 点滴だけでも生きて
いけるんだなあと感心してしまいました



黄色と紫の花が育てたビオラ ブルーデイジーとミニシクラメンと植え込みました









11月4日(木)

この頃は朝8時にウインディーを病院に届け昼おしっ
こに出す為と夜お迎えにと1日3回病院に行くのが日
課になりました。
今日の血液検査では初めて肝臓の数値ALTが下がって
きました。でもALKPや消化酵素を示す数値アミラー
ゼやリパーゼの数値が高いまま まだまだ絶食です

今日はお友達がバイブラックの子犬を連れて遊びに来
てくれました 子犬を見慣れている私ですがバイの子
は同じ犬種とは思えないぐらい雰囲気が変わります
あまりの可愛さにいっぱい写真を撮らせてもらいまし















11月2日(火)


日も朝病院へ 今朝のおしっこは昨日のそれより
少し薄くなっているように見えました。
今日の血液検査で貧血の数値は更に上がりウイン
ディーの足取りもしっかりしてきて顔をペロペロ舐
めてくれたり表情も明るくなってきました。
でも肝臓の数値は相変わらず高いままで消化酵素の
値を示す数値が更に上がってついに計測不能 先生
の診断はどうやら「膵炎」らしいとの事 
そういえばウインディーの娘クララちゃんも何年か
前突然膵炎になり1ヶ月も入院をした事を思い出し
ました 腎臓や白血球の数値が一気に下がったので
安心してしまったのですがまだまだ予断を許さない
状況
で そうと診断が出れば治療方法は「絶食・絶水」
今日からは朝から晩まで病院で点滴 夜自宅へ帰る
と言う事になりました ご飯を上げられないのが飼
い主に取って何より苦しい

  
久しぶりの帰宅







11月1日(月)

朝ウインディーのお見舞いに病院に行きました。顔
がだいぶ楽そうに見えましたがケージから出すとま
だふらふらしていました。腎臓の数値は元通りにな
り貧血の数値も少しづつ上がってきていて一先ず安
心したものの肝臓の数値は相変わらず計測不能
外に連れ出しおしっこをさせたらかなりどす黒い色
のおしっこが出てびっくり 先生に報告しました
その晩行ったときにしっかりトレイに取って見てみ
るとかなり血液のまじったものでした。
先生のお話では掃除機やお隣の入院犬に吼えたりだ
いぶ元気になってきているようだと言って下さりと
りあえず最悪な状態は脱したようでほっとしました